Kouji&ko(コウジアンドコー)とは

「Kouji&ko(コウジアンドコー)」は、伝統的な発酵を文化ととらえ、敬意を示しながら、同時に既存のイメージにとらわれず、よりスタイリッシュに、豊かなおいしさを生み出していく、新たなスタイル「ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)」をコンセプトにしています。発酵食品のイメージを刷新する、色鮮やかなメニューやスタイリッシュな商品を展開してまいります。

商品開発

発酵学者である小泉武夫氏によるアドバイスの下、有名レストランで料理長を歴任した大島今日シェフが担当。
Kouji&koオリジナルの「塩麹」「甘麹」「醤油麹」を使った色鮮やかなサラダなどのデリ、素材の旨みを引き出した肉や魚の麹漬けなど、新しいスタイルで発酵食品の楽しみ方をお客様に提案します。

Kouji&koの特徴はオリジナルの麹にあります。

Kouji&koは、麹の種菌までさかのぼり、Kouji&koのメニューに最適な種麹を探し出すために、シェフを中心とした開発チームを編成しました。
日本に数社しかない種麹屋さんに出向き、麹菌生産の世界では有名な博士からのアドバイスのもと、62種類の種麹菌の中から1種類を選抜し、200年以上にわたり麹屋を営む麹作り職人さんの協力を得て、オリジナルの麹の開発に至りました。この麹を使って、Kouji&koの惣菜に活かす「塩麹」「甘麹」「醤油麹」を作っています。
この麹は、市販用の麹と比べ、デンプンを分解し糖に変える力、食材の旨みを引き出す力が強く、漬け込んだ素材の食感を柔らかくし、うま味を引き出すことができます。

また、発酵食品は、食べると元気になるとも言われています。
「最近の研究によると、発酵食品は抗酸化作用や生活習慣病予防、免疫力アップ、ストレス緩和、老廃物の排出、整腸作用など、私たちの身体を元気にしてくれる力を持つことがわかってきています」と発酵のエキスパート 小泉武夫博士は説明します。
Kouji&koはスタイリッシュな新しいスタイルで、発酵食品の楽しみ方を皆様に提案します。

ご利用ガイド